地域ケアネットワーク ゆいまぁる
>
ゆいまぁるカフェ

ゆいまぁるカフェ

毎月第1土曜日の10時から開催している「ゆいまぁるカフェ(認知症カフェ)」の様子をお伝えします。

2018/03/05 第17回は「アートの時間」を楽しみました。

きょうのお楽しみタイムは、カフェはじめての美術体験をやってみました。

つのテーブルに分かれて、「アートカードゲーム」を開始。用意された絵のカードを見ながら、そこで何が起きているのか?どんな音が聞こえるか?なぜそう思うのかなどについてみんなで答えていきます。

美術作品は人間の五感を刺激して、日ごろ忘れている豊かな感情を引き出す効果があります。特に高齢者の場合は人生経験から昔の記憶や思いがけない連想が飛び出すこともあります。

今回もみなさんから、その人らしいいろいろな発言があり、30分はあっという間に過ぎました。

その後はいつものように、堀井マスターのコーヒータイム、、川本さんの健康ミニ講座(食中毒について)、ゆるゆる体操、朗読と続き、最後に皆で季節の歌(早春賦)をうたってお別れの時間となりました。

 

   
東久留米市の助成金がいただけたので実現した企画です。  

こんなアートカードを使います。

絵の解説ではなく、そこに自分は何が見えるか、感じるかをおしゃべりします。

  それぞれの方の長い人生から、その人ならではの面白い感想が聞かれます。

 

2017/12/06 第15回 地域の合唱団コールハモーレの皆さんと一緒に歌いました

ゆいまぁるカフェは、だいたいいつもしばしお茶をしながらおしゃべりタイムがあり、その後さまざまなお楽しみタイムや参加者からのお話、ゆるゆる体操、朗読などその日の 状況に合わせて、2時間があっという間に過ぎていきます。

ケアマネさんへの相談もくつろいだ雰囲気のなかで無理なくできるようになってきました。この日は病院でチラシを見てという方も来てくださいました。

お楽しみタイムはカフェ開始以来、地域在住の音楽家の方々によるコンサートの数を重ねています。明るい陽のさしこむひろばに気持ちのいい時間が流れていきます。

 

 
地域の合唱団、コールハモーレの皆さんの優しくて力強い合唱。最後はいつものように皆で歌いました。   いつも健康や安全な暮らしのワンポイントアドバイスをしてくださっています。今回はこれから心配なインフルエンザについてです。

> >

 

2017/11/07 第14回  二胡の演奏とともにすごしました

 

 

きょうは市内在住の二胡の演奏家の皆さんがきてくださいました。デイサービスの利用者さんも参加して、どこか懐かしい音色の演奏を聞いたり、一緒に歌ったりしました。

 

 

珍しい楽器、二胡の説明もしていただきました。

その昔、遊牧民族が馬で移動するときも常に持っていたとか。どんな曲だったのでしょうか・・・

>

 

2017/10/07 第13回はピアノとフルートの美しい調べで始まりました

朝からの雨もあがって少しひんやりする10月の土曜日。

東久留米在住の二人の音楽家、鈴木真理子さんと桂綾子さんが来てきださり、本格的なコンサートです。。

南沢デイサービスの利用者さんも参加して、ピアノとフルートのうつくしい調べを楽しみました。

いつもどおりその後は美味しいコーヒーとともに楽しいおしゃべり、参加してくださっている地域の方によるインフルエンザ予防法などのお話しなどであっという間に時間はすぎていきます。

最後にもう一度演奏の時間では、ピアノとフルートの演奏にあわせて参加者全員が合唱。今回も贅沢な時間を楽しみました。来月は二胡の演奏家が来てくださる予定です。

 

   

クラシックから日本のうたまで広い

レパートリー!

  秋の日にふさわしいコンサートを皆で楽しみました   地域の方による健康ミニ講座も好評でした

 

 

2017/09/04 第12回(9/2)はオカリナの優しい響きではじまりました

今日のオープニングは、市内在住のオカリナ演奏家岡村道代さんの演奏。浜辺の歌、旅愁と秋めいてきたこの季節にふさわしい曲です。

市報に掲載されたゆいまぁるカフェの記事を見てという嬉しい参加がありました。

きょうは少しからだものびのびしましょうということで、みんなで「普段している私の体操」を一人づつ披露し、盛り上がりました。皆さんの「一芸」の感動!

いつものように、加藤さんの楽しい絵本朗読、きょうは「だってだってのおばあさん」(佐野洋子)元気の出るお話です。

最後は岡村さんの伴奏でふるさとを皆でうたってこの日も名残惜しく終わりました。

 

   
オカリナは優しくて力強いそしてなつかしい音色です   カフェの楽しみは何といってもおしゃべりですね。   即興での「ゆるゆる体操」、またやりたいと声があがりました

 

 

2017/08/05 第11回(8/5)暑い日でしたが15人の参加がありました

いつもゆいまぁるでコンサートを開いてくださっている鈴木麻里子さんのピアノ演奏で

はじまりました。

初めての方も見えてテーブルごとにしばらくはおしゃべりの輪が広がります。

いつも素敵においしいコーヒーを淹れてくださる堀井さん(カフェでは堀井マスターと呼ばれている・・)がきょうも香高いコーヒーを皆にふるまってくださいました。

滝山にも「ほっとカフェ」ができたそうでそちらの方の見学もありました。

この日はひょうたん笛の演奏者小倉さんによる「ひょうたん笛」という珍しい笛の演奏と、ひょうたん笛に出会ったいきさつなどのお話しもありました。その流れから飛び入りで詩吟を披露してくださる参加者もあり、サプライズがありました。最後は、鈴木さんの伴奏で、夏は来ぬなど夏の歌をみんなで歌い、この日も和やかに過ぎました。

東久留米市の認知症カフェ開設支援補助金をいただくことになったので、これからのカフェに必要な備品等を買うことがで

きました。

 

   
堀井マスターがおいしいコーヒーを淹れてくださっています   近日中の上映会企画中です   静かなライアーやリュートの調べをバックグラウンド音楽に・・・

 

 

2017/07/01 第10回ゆいまぁるカフェは認知症サポート器具の体験会を行いました

7月のゆいまぁるカフェは、認知症にな手も自立して生活していく上で役に立つサポート器具の体験会です。

インストラクターとして、介護ショップの(株)ホームケアセンターイワサキの吉野智博さんと(株)タムラ企画の中里彩香さんにきていただきました。

吉野さんからは、地域で広く活用されている器機を中心に最新の福祉用具について説明していただきました。

中里さんからは、タムラ企画で輸入販売を行っている北欧の器機についての説明と、それらが使用されている北欧での生活事情や人々の意識についてお話しいただきました。約20人の参加者がそれぞれの器機の説明を受け、実際に使ってみたりしました。この体験会は、2017年度真如苑助成の助成をいただいて実施したものです。

 

 

   
器機の使用法の説明をうけます。   左:カギや財布などを置いた場所を知らせてくれる。中央:決めた時間にお薬が出てくる。右:声で説明が入れられるアルバム  

最新の車いすも体験。

次々に改良が進んでいるようです。

 

 

 

 

2017/06/03 カフェのこれまでとこれから

ゆいまぁるカフェは12月からは、2階のひろばをカフェにしました。

6月までに9回の開催となりました。

明るく広々とした気持ちのいいところで、ピアノ、朗読、ライアーなど地域の演奏家の方々のご協力で、芸術のパワーを感じるひとときになっています。そして、コーヒーのいい香りとともに、おしゃべりタイム、ゆるゆると流れる時間を大切にしてきました。成年後見制度についての勉強会も行いました。

ゆいまぁるのケアマネージャーも同席して、専門的なご相談やアドバイスもできる体制にもなってきました。

チラシも作って市内のいろいろなところに置かせていただいています。

これからもこれまでどおり、心に響く音楽や朗読などともに、どなたでもふらっと来てほっと一息できる場所づくりをすすめます。ゆいまぁるカフェのチラシを見たら、どうぞおひとりで、またお友達とご一緒に遊びに来てくださいね。

 

2016/11/27 ゆいまぁるカフェ のんびりとスタートです

11月5日、昨年来の準備を経て、きょうから毎月初めの土曜日に定期的にゆいまぁるの認知症カフェ「ゆいまぁるカフェ」を運営していきます。

きょうは暖かい日差しにあふれた1階のカフェ笠松で、コーヒーとともにお話が弾みました。

地域の方々、ケアマネジャーさん、市の保健師さんも立ち寄ってくださいました。

こんなふうに、少しづづ、気軽にいろいろな人が立ち寄って、のんびりと心のやすまる場所にしていきたいです。

このページの先頭へ